WARUNG BU KARYADI (ワルン・ブ・カルヤディ)

スタンダードなインドネシア料理をとてもおいしくいただくことができるローカルレストランのワルン・ブ・カルヤディ。ジンバラン地区の住宅地タマングリヤに入って、すぐ右側にあります。

何を食べてもはずれのないお店ですが、特におすすめは、豆腐と野菜、シーフードなどを煮込んだサポ・タフ。少し濃い目の味付けでとてもごはんに合います。またローカルのお店ですので、値段がとても安いのも魅力です。

ワルン・ブ・カルヤディのご紹介

ワルン・ブ・カルヤディは、ジンバラン地区の住宅街タマングリヤ内にあります。観光客には馴染みのない場所なので探すのが難しいかもしれません。

この写真と、前の写真は移転前の店舗のものです。一軒家カフェのような感じで、居心地がよかったのですが、現在は普通の商店街の中にお店があります。

サポ・タフ・シーフード。土鍋に入って熱々のまま出されます。赤道直下のバリでこんな暑いものを...と感じられるかもしれませんが、おいしいのでお試しを。

ナシゴレン・スペシャル。スタンダードなナシゴレン。目玉焼きが上にのっています。アヤムゴレン付。

ナシチャプチャイ。インドネシアの中華丼です。卵と一緒に炒められて、少し水分の飛んだ御飯に、餡が絡んでとてもおいしい。

こちらはミーホキアン。ナシ・チャプチャイのご飯の代わりに麺を使用した感じの一品です。ナシチャプチャイと味が似ているので、どちらかひとつをお試し下さい。

アヤムゴレン(鳥の唐揚げ)、サンバル・テンペ(サンバル付のテンペゴレン)、サユールアサム(酸っぱい野菜スープ)がセットになったメニューです。インドネシアの納豆とも言われるテンペは、辛いサンバルによく合います。

ナシチャンプルー。アヤムゴレン、卵、豆、焼きそば、豆腐がおかずに載ったナシチャンプルーです。インドネシアの庶民の味です。庶民の味を試してみたい人は是非。

バッソ。大振りの肉団子がたくさん入ったバッソ。これだけでもおなかがいっぱいになりそうなボリュームです。

サピ・ラダ・ヒタム。牛肉の黒コショウ炒めです。ホットプレートで湯気をいっぱい立てながらきました。コショウがかなり効いていて、熱々を食べると食欲が増します。

スープ・ブントゥット。インドネシア風の牛テールスープです。小豆、ニンジンなどの野菜とともにじっくりと煮込まれた牛テールが柔らかく、しっかりとしたダシも出ています。ライムとサンバルを入れて頂くと更においしいです。

ミークア。具だくさんのインドネシア風ラーメンです。トマトなんかも入って、日本のラーメンとは少し違った味です。

エス・チャンプルー。かち割り氷の中に、沢山のフルーツが入っています。練乳とイチゴシロップで味がつけられています。デザートとしてはもちろんですが、飲み物代わりに頼んでいるローカルの人もいます。

※ 情報は取材時点のものです。情報更新に努めておりますが、サービス・メニュー内容や料金、移転・閉店等も含め、情報が古い場合がございます。あらかじめご了承ください。