バリ島.Com > バリ島のレストラン > ACCミナン

ACCミナンずらっと並んだパダン料理アヤムゴレンサンバル
バリ島トゥバン地区のパダン料理店、ACC・ミナン

ACC MINANG (アーセーセー・ミナン)

バリ島トゥバン地区にあるパダン料理のワルン(食堂)、ACCミナン。パダン料理はスマトラ島西部、パダン地方の料理で、テーブルに乗り切らないほどおかずが並べられ、食べた分だけ料金を支払うというユニークなシステムの料理です。24時間営業や、深夜まで営業しているお店も多く、日本へのご帰国前の深夜のご利用にも良いと思います。

料理は作り置きされているため、香辛料を多く使用し、味付けは濃いものが多く、油で揚げた料理も多いのが特徴です。また緑の大きな唐辛子を使用した、あまり辛くないサンバルもパダン料理の名物です。あまり流行っていないパダン料理店に行くと、料理の回転が悪く、古い料理がある場合があるので、注意が必要です。ACCミナンは、流行っているお店ですので、比較的安心です。

ACC MINANG (アーセーセー・ミナン) 2009年10月
パダン料理のACCミナンは、バリ島トゥバン地区、空港の近くにあります。

空港から出てまっすぐ500mほど進んだ三叉路です。三叉路には大きな馬と神様の彫像があります。
ACCミナン   パダン料理は作り置きされているので、どの店でも、ショーケースにたくさんの料理が並べられています。

夜遅くまで営業していますので、夜中でも利用できて便利です。よくローカルのCAもフライト前に、この店で買っていきます。
パダン料理店
パダン料理 パダン料理のお店では、店に入ってテーブルに座ると、たくさんのおかずが運ばれてきて、並べられます。

食べたものだけ料金を払うシステムですので、食べる気がないものには手をつけないで置きましょう。少しでも食べると1皿としてカウントされます。
パダン料理には、この緑のサンバルが欠かせません。辛さは控え目ですが、塩気は強めで、ごはんにとても合います。このサンバルが好きでパダン料理に通う人もいるほどです。
通常のサンバルもあります。 アヤムゴレン(鶏の唐揚げ)。
パダン料理のアヤムゴレンは、持ちが良いように、カラカラになるまでよく揚げられています。
干した牛肉のサンバル和え。
パリパリになった干し肉に、サンバルと砂糖などをあえたものです。結構おいしい。

持ち帰ってお酒のつまみにしても、良い味です。
ゆで卵のカレーソース煮込み。
唐揚げのカレーソース煮込み。
揚げ物の他にカレー味の料理もパダン料理には多いです。

カレー味のものでは、キャベツのカレー煮込みもおすすめです。
なすの揚げ物。
ナスをそのまま揚げただけの料理です。パダン料理には野菜を使用した料理が少ないのが、少し残念です。
キャッサバの葉。
パダン料理には、必ずある野菜ですが、あまりおいしいものではありません。

食べ方によりますが、予算は一人5万ルピア(約500円)前後で収まります。
パダン料理は、黙って座れば、テーブルの上にたくさんのおかずを並べてくれますが、ナシチャンプルーのように、あらかじめ自分で好きなおかずを選んで、更に盛ってもらうことも可能です。

料理の値段やメニューは、その当時のものです。メニューや値段は変更されている可能性があります。
また日本円への換算も、当時のレートを基準にしています。2009年 ¥1=約95−100ルピア


ACCミナン/インフォメーション
住所 Jl. Raya Tuban No.1Kuta, Bali
電話番号 0361-755568
営業時間 -