バリ島総合情報サイト バリ島.Com

バリ島.comはエステ&スパ、アクティビティのインターネット割引予約が可能なバリ島総合情報サイトです。

バリ島.Comでは、バリ島のエステやスパ、アクティビティ、レストラン、ショッピング、ホテル&ヴィラなどを紹介、またバリ島の文化、通貨、交通手段、観光地情報、体験記などバリ島旅行に役立つ情報を多数掲載していますのでぜひご利用ください。
ライン
バリ島.Com > バリ島.Com体験レポート > バリサファリ&マリンパークの体験レポート
バリ島体験レポート

バリハイクルーズクイックシルバーデイクルーズBIR(ラフティング)サブマリン(潜水艦)

バリサファリマリンスポーツシーウォーカーディシニスパスパッション

クイーンローズスパタマンサリプラナスパウリンスパトヤスパタラソバリ
バリサファリ&マリンパーク
ホワイトタイガー
緑の多いサファリ内
ライオン
象と象使い

バリサファリ&マリンパーク体験レポート 2008年6月

         
今回は、2007年10月にソフトオープンしたバリサファリ&マリンパークへ行ってきました。マリンパークはまだ建設中です。
サヌールからクルンクンへと向かう新しいバイパス沿いにあります。サヌールから30−40分の距離です。いい天気になりました。
タマンサファリ入り口
 

象牙をデザインしたかなり立派な入り口。自分で来た場合は、ここでチケットを買います。
現時点で3つのパッケージがありますが、サファリツアー、プール、遊園地、動物との写真がついたパッケージが25ドル。

バリサファリ&マリンパークのエントランス
トレムで移動

まずはトレム(バスのように改造されたトラック)で、スタート地点まで移動。敷地はかなり広く、サファリと建設中のマリンパーク以外に、ホテル、プール、遊園地もあります。

バリターミナル
スタート地点のターミナルに到着。ここから左に行くとサファリ、まだ工事中ですが、完成すれば右手に行くとマリンパークです。

正面ロビーの奥に、いきなりヒョウが寝ていました。木の中で気持ちよさそうにお昼寝中。

木の中で昼寝をするヒョウ

ヒョウが寝ている木の下にはワニが。口がとんがった変わったワニでした。

ワニ
バリサファリ内の看板
バリらしいアバウトな案内。全部同じ方向をさしているので、意味がないなぁ...
入り口で地図をもらえるので、もらっておきましょう。日本語版もあります。
ポニーライド

園内には、ミニアトラクションがいろいろあって、けっこう楽しめます。こちらはポニーライド。別料金で、20000ルピア(約230円)

ラクダに乗ることができるキャメルライド。お子様連れだと、かなり楽しめると思います。

キャメルライド

いろいろな動物と一緒に写真を撮ることができるコーナーもところどころにあります。パッケージには、このチケットが1回分ついていますので、好きな動物と一緒に写真を撮りましょう。

動物と一緒に写真撮影
トラの子供と記念撮影

トラの子供と一緒に。
この日は普通のトラでしたが、ホワイトタイガーと一緒に写真を撮ることができる場合もあるそうです。

オランウータンと記念撮影

オランウータンの子供とも一緒に撮れます。オランウータンの手は人間のように柔らかい。スタッフに引っ張られて歩く姿も、人間の子供みたいでした。

場内は広く、歩いての移動なので、天気が良いとかなり暑いのですが、暑さ対策に水を霧状にして放出させている場所が各所にありました。
気持ちいい。

タマンサファリ内のミストを使った冷却装置

これも暑さ対策の黒いネット。
暑さ対策には、かなり気を使っています。
でも、日差しは変わらないので、日焼け対策はしっかりとして行きましょう

バリサファリの暑さ対策
サファリツアー
トレムに乗ってサファリツアーへ。
その日の混雑状況によりますが、おおよそ15−30分間隔でスタートするそうです。サファリツアーは1周約40分程度。
パッケージでは、最大2回まで乗れます。
サファリツアーのガイド
サファリツアーでは、ガイドさんが前でいろいろと説明をしてくれます。 説明は英語のみ。
観ることができる動物を、日本語で説明したパンフレットがありますので、受付でもらっておくと便利。

シロクロのマレーバク

サファリは、インドネシア、インド、西アフリカ、東アフリカ、サバンナの5つのゾーンに分かれています。

ラクダ。
バリタマンサファリで観ることができる動物は約70種類。結構いろいろいて
、十分楽しめます。

休むトラ
トラは、東屋で休んでいました。
やはりバリ島だから??
バリ島でも暑い日は、こうやって東屋で休んでいる人たちをよく見かけます。
水の中のカバ

カバ。
水の中で気持ちよさそう。

ダチョウがトレム前を歩いていました。もう慣れているのか、別にあわてる様子もなく、ゆったりと歩いていました。

道を歩くダチョウ

全然逃げないので、触れそうなくらい近くに。

ダチョウのアップ
タマンサファリのシマウマ
シマウマもかなり近くに寄ってきました。トレムの窓は、手動で開け閉めできるものもあります。
バリサファリ内のライオン
ライオンたち。
ライオンやトラのゾーンに行ったときも、窓を閉める注意は特にありませんでした。インドネシアらしいアバウトさですが、危険なゾーンに来たときは念のため、窓は閉めましょう。

サファリを終えて、今度はホワイトタイガーを見に行きました。大きなホワイトタイガーが何頭か、いました。
まるで作り物のように、美しい姿でした。

鮮やかなホワイトタイガー

人が気になるのか、窓の近くをずっと行ったり来たりしていました。近くで見るとやはり迫力があります。

ホワイトタイガーのアップ
象のパレード
ホワイトタイガーを見て、外に出ると象の行列がやってきました。時間帯によって、象のショーや象の水浴びもあります。
また別料金で象乗りも可能です。
バリサファリ&マリンパークのホテル、マラリバーロッジ

マラ・リバー・ロッジ

敷地内には、ホテルもあります。二階建てのコテージ風のタイプなど、お部屋のタイプはいろいろ。

サファリらしく、アフリカっぽい内装の部屋もあって、なかなか面白いホテルです。

マラリバーロッジの部屋

ホテルには、広い庭とメインプールもあって、開放的な感じ。
その向こうは、サファリゾーン。

ホテルのプール
ホテルのテラスからの眺め

ホテルのテラスから見た景色。奥に見える道がサファリツアーで通る道。サファリのすぐそばにあるので、部屋によってはテラスから動物を観察できます。目の前で大きなサイが草を食べていました。
夜はどうなるんだろう?動物の鳴き声とか、聞こえるのかも?

ライオンを見ながら食事ができるレストラン

Tsavo Lion Restaurant
ホテル併設のレストランは、大きなガラスの窓があります。
窓の向こう側には、たくさんのライオンがいて、ライオンを見ながら食事ができるとてもユニークなレストラン。

タマンサファリのショップ。
ぬいぐるみを中心に、たくさんのお土産が揃っています。
インドネシアで売っているお土産にしては質が良いので、おすすめ。

タマンサファリのお土産屋さん

カラフルな蛇のぬいぐるみが、気持ち悪いくらいぶら下がっていました。

ヘビのぬいぐるみ
ウォーターパーク
ウォータースライダーもあるウォーターパーク。利用する方は、水着を忘れずに。
バリサファリ&ウォーターパーク内の遊園地

小さな遊園地のファンゾーンもあります。

ここ1つで、お子様の喜びそうなものが揃っている感じです。料金も安く、1日楽しめるバリ島の新しいおすすめスポットです。マリンパークができるのが待ち遠しいですね。

バリサファリ&マリンパーク体験レポート No.2 2011年7月

         

約3年ぶりにバリサファリ&マリンパークに行きました。

変化しているところがたくさんあったので、変化したところ、前回もれたところを中心にレポートを追加します。

バリサファリ&マリンパーク
 

前回工事中だったマリンパークエリアには、淡水のみですが、水族館が完成していました。カラフルな魚もいて、楽しめます。

アクアリウム
マリンパークのアロワナ

虹色に光っているような、きれいなアロワナ。かなり高そうな感じです。魚の種類は多く、淡水魚のみでも楽しめます。

バリサファリのピラルク
大きなピラルクもいました。

近々、イルカが入る予定だそうです。

象のショーが充実してきたということで、象ゾーンへ。

バリサファリの象エリア

エサを買うと、象にエサやりができます。小さなお子さんがニンジンをあげていました。

象にエサやり
象乗り
エレファントライド。
サークルを回るだけのショートライドと、ロングライド(エレファントバックサファリ)があります。エレファントライドは人気が高く、現地申し込みでは、参加できないこともあります。ご希望の場合は、エレファントライドの含まれたパッケージがおすすめです。
象に乗って、サファリへ

エレファントバックサファリは、象に乗ったまま、サファリツアーの草食動物のエリアへ行くことができます。

いよいよ、象のショーへ。
開始10分ほど前につきましたが、すでにほぼ満員でした。

バリサファリのエレファントショー

象と人間の歴史をテーマにしたショーです。楽しんでもらうと共に、象の歴史も学んでほしいとのことでした。何頭も象が登場し、迫力があります。

象のショー
象に持ち上げられる

象が傷ついたふりをしたり、象が人間を鼻で運んだりと、なかなか面白かったです。

象と一緒に写真撮影

象のショーのあとは、象と一緒に写真を撮ることができます。このショーと写真撮影は、無料です。お子様が喜びそうなサービスです。

ライオンを見ながら食事のできるサヴォレストランへ移動して、ランチを頂きました。サヴォレストランでのお食事が含まれているパッケージについているセットメニューです。ツナのサラダとスープ。

ライオンの見えるレストラン

メインはステーキか、スパゲティの選択。パンとジュースがつきます。

バリサファリのランチ
バリサファリのデザート
最後にデザート。賞を取ったこともあるそうで、とてもおいしかったです。
レストランからライオンを見る
サヴォレストランでは、窓際の席がおすすめ。ライオンの様子をよく観察できます。雄ライオンが水を飲みにやってきました。

長い舌をのばして、器用に水を飲んでいました。なかなかこんなに間近でライオンを見る機会はないと思います。

ピークシーズンは、いっぱいで入れないこともあるそうですので、ご注意。サヴォレストランでのお食事が含まれるパッケージをご利用の方は優先されます。

水を飲むライオン

食事のあとは、今回一番の目的のバリアグンショーへ。

バリサファリパーク内に1200人収容の大きなシアターが建設されました。そのシアターで、150人以上のキャストで上演される本格的なショーです。象をはじめとして、動物も出演します。

バリサファリのシアター
バリアグンショー
ショーの最中は、写真撮影不可ですので、資料写真ですが、バリ島とは思えないほどの仕上がりに、驚きました。このショーだけでも観にいく価値ありです。ぜひご鑑賞下さい。
バリサファリのバリアグンショー

ショーの催行は現時点で、14:30−15:30、木・金・土・日曜日のみですので、ご注意下さい(変更の可能性もありますので、お申し込み時に開催予定をご確認下さい)

。ショーの料金が含まれるパッケージもありますが、現地でもチケットを購入できます。


バリサファリ&マリンパークの紹介、割引予約はこちらのサイトから
※ 2011年07月時点での内容です。内容は予告なく変更となる場合があります。

バリタマンサファリ&ウォーターパーク/インフォメーション
 
日本人スタッフ
併設のホテルに常駐。
お支払い
現金
TC
クレジットカード
(手数料)
ドル・ルピア
無料送迎エリア

なし(シャトルバスが運行されています)

有料送迎エリア

なし

住所 Jl Bypass Prof.Ida Bagus Mantra, Km 19.8,Gianyar 80551, Bali
電話番号 0361-950000
FAX番号

0361-950555

 
ライン
無断転載・転用を禁止いたします。
(C) 2006 バリ島.Com All Rights Reserved