バリ島.Com > バリ島のレストラン > ワルン・ニクマット

ワルン・ニクマットナシチャンプルーワルン・ニクマットのおかずワルンニクマットの外観
バリ島クタ地区のおすすめナシチャンプルー屋さん、ワルン・ニクマット

WARUNG NIKMAT (ワルン・ニクマット)

バリ島クタ地区バクンサリホテルの隣にある人気の食堂、ワルン・ニクマット。日本から格安のパッケージツアーでバリ島に来ると、よく宿泊するバクンサリホテルのすぐ隣にあります。大盛りのごはんに、リーズナブルな料金、豊富な種類のおかずでローカルに大人気。お昼時にはいつも満員で、待たなければいけない日もあります。

ローカルに人気なだけに、味付けは結構辛目で、濃い味。しかも一品を盛る量が多めなので、おかずをたのみすぎると、全部食べきれないかもしれません。一日中、海で楽しんでお腹を空かせたサーファーや、長期滞在者にはうれしいワルンです。

WARUNG NIKMAT(ワルン・ニクマット) 2007年02月/2007年10月
ジャワ料理のナシチャンプルー屋さんWARUNG NIKMAT。NIKMAT はインドネシア語で「おいしい」という意味。 WARUNG NIKMAT   店の真ん中に大きなガラスケースがあり、何十種類もおかずが並んでいます。どのおかずを選ぼうかと、目移りしてしまいます。 混雑しているランチタイム
種類の豊富なワルンニクマットのおかず 日本語は通じませんが、食べたいものを指差せば、大丈夫。隣に日本人客の多いバクンサリホテルがあるので、日本人も多く訪れています。 牛肉料理のルンダン ルンダン(牛肉の唐辛子煮込み)が辛くて、おいしい!!おすすめです。
5品ほど頼むと、もうご飯が見えなくなるくらい山盛りになりました。
これで、14000ルピア(約160円)。
ナシチャンプルー 繁盛しているワルンは、値段の札を渡す店が増えてきました。わかりやすくて良いです。しかも、安い!!食べた後にレジでこの札を出して、支払います。 ワルンニクマットの値札
海老の揚げ物 小エビの入った揚げ物。
ワルン・ニクマットはHALAL(イスラム教徒向けに調理されてるお店)ですので、お酒は提供されていませんが、これはビールとの相性がぴったり。
テイクアウトして、ホテルでビールと一緒に食べるのも良いでしょう。
ワルン・ニクマットのナシ・チャンプルー こちらは22000ルピア(約250円)。 普通に頼めば、15000−25000ルピア(約160−280円)程度に納まります。ローカルフード好きの方は是非、お試しください。
ナシチャンプルー以外に、ソトアヤムやオックステイルスープもあります。

ソトアヤムは比較的さっぱりした味。サンバルを多めに入れて、ご飯を入れるとちょうどいい感じになります。7500ルピア(約90円)
ソトアヤム クルワッというスパイスをつかった真っ黒なスープ、ラウォン。
牛肉、もやしなどが入っていて、かなりスパイスも効いていますが、慣れると美味しいスープです。6500ルピア(約80円)
ラウォン
2009年6月/2009年10月
スープ・ブントゥット
インドネシアのオックステールスープです。大きなテールの塊が、ゴロンと入っています。
17000ルピア(約170円)
牛テールスープ   お肉はちょっと固めでしたが、スープの味はとてもおいしかったです。もう少し煮込んであると食べやすいのですが。 スープブントゥット
サンバル サンバルとジュルック・ニピス(ライム)がついてきますので、お好みで入れましょう。 ナシチャンプルー いつもお昼に行きますが、毎日沢山のお客様で混雑しています。本当に人気の高いお店です。ナシチャンプルーも相変わらずおいしかったです。
味・値段・ボリュームのどれも納得のいく内容です。おかずの種類も豊富なので、しょっちゅう食べに来るお客様も多いのでしょう。魚、細く裂いたお肉、エビの空き揚げビーフンなどを選んだナシチャンプルー。
25000ルピア(約250円)
ボリュームのあるナシチャンプルー このかき揚げが特においしいかったです。揚げたてがあれば、ごはんに載せて、ダシをかけて、かき揚げ丼にしたい感じです。 かき揚げ

料理の値段やメニューは、その当時のものです。メニューや値段は変更されている可能性があります。
また日本円への換算も、当時のレートを基準にしています。2007年 ¥1=約75−85ルピア/2009年 ¥1=約95−105ルピア


ワルン・ニクマット/インフォメーション
住所 Jl.Singosari Gg.Biduri No.6 Kuta - Bali
電話番号 -
営業時間 08:00-21:30