バリ島総合情報サイト バリ島.Com

バリ島.comはエステ&スパ、アクティビティのインターネット割引予約が可能なバリ島総合情報サイトです。

バリ島.Comでは、バリ島のエステやスパ、アクティビティ、レストラン、ショッピング、ホテル&ヴィラなどを紹介、またバリ島の文化、通貨、交通手段、観光地情報、体験記などバリ島旅行に役立つ情報を多数掲載していますのでぜひご利用ください。
ライン
バリ島.Com > バリ島の基礎知識 > 気候と服装
バリ島の基礎知識

バリ島とインドネシアの基礎データ気候と服装インドネシアの通貨と両替バリ島の祝祭日

緊急時に役立つインフォメーション
気候と服装

バリ島の気候

バリ島は熱帯モンスーン気候に属します。雨季と乾季の2つのシーズンがあり、年間を通しての平均気温が約28℃と非常に暑い気候です。乾季は雨が少なく、雨季も雨が降るときはほとんどが短時間に大量の雨が降るスコールです。1日中、雨という日は非常に少ないので、観光地としては適した気候だと言えます。

近年人気のあるウブド地区は、南部エリアと比べると少し涼しく雨も多いので、そのつもりで過ごしてください。

バリ島の平均気温と降水量のグラフ

バリ島の乾季

乾季には日中気温が30℃程度になりますが、湿度が低いためカラッとした気候で、日本の夏より過ごしやすいです。観光には非常に適した気候ですので、乾季がバリ島のベストシーズンと言えます。特に始めてバリ島に旅行される方は、乾季のほうが良いでしょう。

乾季に注意することは日差しと熱中症、日射病です。過ごしやすい気候なのですが、インドネシアは赤道直下に位置しますので、日差しは強力。晴れた日に少し外を歩くだけで、かなり日焼けします。日焼け止めや帽子は必需品です。また日焼けから守るため、薄手の長袖シャツを準備すると良いでしょう。日射病、熱射病を避けるため、観光で日中で歩くときなどは水分補給と休憩をしっかり取りましょう。また乾季は昼と夜の温度差が大きいので、夜はかなり涼しくなります。バリダンスを鑑賞やビーチ沿いのレストランへディナーに行く際などは、上着を持っていきましょう。

乾季の天気は、大まかに言うと、乾季の日中はほぼ毎日晴れています。雨が降るのは、たいてい夕方から朝09:00までの時間帯です。

乾季のおすすめ

乾季はマリンスポーツがおすすめです。晴れた日には明るい陽が海に差し込み、海の透明度も上がりますので海が非常にきれいです。ダイビングやシュノーケリング、潜水艦、シーウォーカーなどを楽しんでください。

また天気が良い日が多いので、景色がきれいに見えます。日中はバトゥール山とバトゥール湖が眺められるキンタマーニ高原、夕方は海に沈む夕陽がきれいなクタビーチ、タナロット寺院、ウルワツ寺院がおすすめ。ジンバランビーチからもきれいな夕陽が見えるので、日没前にジンバランカフェに行き、サンセットを眺めながらのシーフードディナーも良いでしょう。

晴れた日ときれいなジュプン
バリハイクルーズ

バリ島の雨季

雨季には、ほぼ毎日雨が降ります。しかし、1日中降ることは少なく、夕立のような土砂降りのスコールが短時間降る場合がほとんどです。スコールの雨量は半端ではありませんので、本格的に雨が降ると傘は役に立ちません。強烈なスコールにあたった場合は、お茶でもして雨が止むのを待ちましょう。湿気もかなりありますので、日本の夏のように蒸し暑い日が続きます。着替えの服を多めに準備すると良いかもしれません。

また雨季になると厄介なのが、洪水です。洪水と言っても大規模なものではありませんが、バリ島は排水の設備がしっかりしていないのと、短時間に降る多量の雨が原因で道路が水に浸かります。ひどいときは30cmほど道路が洪水となり、故障した車が立ち往生したりして、大渋滞も起こります。

雨季は突然雨に出くわすことも多いので、観光に行くときはかかとにベルトがついたサンダルがベストです。靴を履いていると、雨にぬれてびしょびしょになるので避けたほうが良いでしょう。特に靴下を履いていると最悪です。

雨季の天気は大まかに言うと、週に4.5日が曇り時々雨、2.3日が曇り時々晴れです。雨は土砂降りのスコールになるときもあります。

雨季の始まる頃、夕方になると羽アリが大発生することがあります。この羽アリはラウォン呼ばれていますが、スコールの来るサインです。羽アリが夕方飛び回っているときは大雨になる可能性が高いので、注意しましょう。

雨季のおすすめ

雨季はフルーツの種類が増え、味もおいしくなる季節です。果物の王様ドリアンも雨季には値段も安く、おいしいものが出てきます。せっかくですので、おいしいフルーツをしっかり食べて帰ってください。

また雨季にはラフティングがおすすめです。川の水量が増えて、スリルも増します。かなり面白いので、ぜひ参加してみてください。雨季は夕方から早朝にかけてよく雨が降ります。1日の使い方としては、午前中から観光やアクティビティ、街でのショッピングなど外を回り、夕方からはエステや免税店、スーパーマーケットでのショッピング等、屋内で過ごす予定を立てると良いでしょう。

またバリ島にはクタビーチ、タナロット寺院、ウルワツ寺院など、海に夕陽が沈む美しいサンセットポイントがあるのですが、残念ながら雨季は、海に雲がかかっている場合が多くなかなかきれいな夕陽を見ることができません。きれいな夕陽を見たい方は乾季に行きましょう。

果物の女王マンゴスチン
果物の王様ドリアン

バリ島の天気予報

バリ島の天候は非常に変わりやすく、1時間前まで晴れていたのに急に土砂降りになる場合があります。また局地的に雨が降ることも多く、車でほんの5分ほど走る間に、晴れ→雨→晴れといった天気を通る場合もあります。こういった時間的にもエリア的にも変わりやすい気候ですので、天気予報はまるで役に立ちません。気休め程度にチェックしておけばよいでしょう。

服装の注意

赤道からそれほど離れていないバリ島は、平均気温が約28℃で年間を通して暑い日が続きます。年間を通して、日本の夏の服装で大丈夫です。日差しが日本よりもかなり強いので、日焼け止め、帽子、長袖のシャツなどを準備して行きましょう。高級ホテルのレストランとスミニャック地区の一部のレストラン以外はドレスコードもありませんので、Tシャツ、短パンにサンダル履きでも大丈夫です。

注意したいのは、寺院に観光へ行くときです。タンクトップなどの袖のないシャツ、ひざが見える短パン、スカートなどは避けましょう。短パンやスカートの場合は腰布を巻けば問題ありませんが、上は日焼け防止もかねて上着を持って行きましょう。

寺院の前でサロンを貸し出すバリ人男性
ライン
無断転載・転用を禁止いたします。
(C) 2006 バリ島.Com All Rights Reserved