バリ島.Com > バリ島の観光スポット > ARMA美術館

バリ島ウブド地区の美術館ARMAの看板バリ島の美術館ARMAの庭ARMAに展示されているバロンとランダ。ARMAの入場券に含まれているお茶
バリ島の観光スポット、美術館ARMA

ARMA (AGUNG RAI MUSEUM of ART/アルマ美術館)

バリ島中部ウブド地区にある美術館ARMAです。クタ地区からは約1時間、ウブド中心部からは約10分の場所にあります。絵画コレクターのアグン・ライ氏が設立したアルマ財団が建てた新しい美術館。2つの大きな建物に分かれて、1つにはバリ島の絵画を、もう1つにはバリ島以外のインドネシア、海外の作品を展示しています。敷地はかなり広く広い庭があり、カフェも併設しています。入場チケットにコーヒーまたは紅茶のドリンク券がついているので、休憩しながら見学できるようになっています。

ARMAの敷地内にステージがあり、週に数回バロンダンスやレゴンダンスなどの公演が行われています。また新月と満月の夜にもダンス公演が開催されています。また地元の子供達のバリ舞踊教室やガムラン教室が行われるなど絵画の展示だけではなく、バリ島の文化を継承していく機能も果たしています。

ARMA (アルマ美術館) 2006年11月
アグン・ライさんが設立した美術館ARMA (Agung Rai Museum of Art) です。 バリ島ウブド地区の美術館ARMA ARMAの入り口。1996年にオープンした新しい美術館で、ウブド地区の南端にあります。 ARMAの正面
ウブド地区の美術館ARMAのチケットカウンター 美術館のチケットカウンター。入場料は25000ルピアと高めです。 ARMA内の庭と石像から流れ出る水 美術館の敷地は広く、石像なども庭の各所に設置されています。
ARMA内は新しく、非常にきれいな美術館です。2つの建物に分かれ、1つにはバリ人の画家やバリに住んでいた外国人画家の絵が展示されています。もう1つにはバリ以外のインドネシア各地の画家や海外の画家の作品が展示されています。 ウブド地区ARMA美術館の様子 バリ島の伝統的なスタイルの絵画。伝統的な絵画以外にも、現在活躍中のバリ人画家の作品も多数展示されています。 ARMAに展示されている古いバリ絵画
2体のバロンとランダ バリ島の儀式やバリ舞踊に欠かせないバロンやランダも展示されています。 ARMA内の建物 こちらはバリ以外の画家の作品が展示されている建物。
建物の前に立つ石像が西川きよしばりのギョロ目でした。 ARMAにある石像 ARMA内のカフェ。入場券についたドリンク券がここで使えます。コーヒーまたは紅茶がいただけます。 ガゼボ席があるARMAのカフェ
ARMAのカフェの紅茶 紅茶にはシナモンスティックが添えられていました。 バリの子供達が習うバリ舞踊教室 チケット売り場の裏で、バリの子供達の舞踊教室が行われていました。
小さな子供達が一生懸命練習しています。こうしてバリの芸能が伝承されていくんですね。 バリ舞踊を教える先生と教わるバリの子供達 ARMAには野外ステージがあり、週に数回ダンス公演が行われています。また新月と満月の日にもダンス公演があります。 ARMA野外ステージでの公演スケジュールを書いた看板

ARMA美術館/インフォメーション
住所 Jl Pengosekan
電話番号 0361-973495
営業時間 09:00-17:30