バリ島総合情報サイト バリ島.Com

バリ島.comはエステ&スパ、アクティビティのインターネット割引予約が可能なバリ島総合情報サイトです。

バリ島.Comでは、バリ島のエステやスパ、アクティビティ、レストラン、ショッピング、ホテル&ヴィラなどを紹介、またバリ島の文化、通貨、交通手段、観光地情報、体験記などバリ島旅行に役立つ情報を多数掲載していますのでぜひご利用ください。
ライン
バリ島.Com > バリ島の観光スポット > スマラプラ宮殿(クルタゴザ)
バリ島の観光スポット

スマラプラ宮殿(クルタゴザ)GWKプリサレン(ウブド王宮)ティルタガンガテロ慰霊碑

スマラプラ宮殿
バリ島クルンクン地区のスマラプラ宮殿跡
スマラプラ宮殿跡の天井に描かれた絵画
バリ島の歴史がわかるスマラプラの博物館
オランダ軍の侵略に最後まで抵抗した戦いをを記したププタン記念碑

スマラプラ宮殿(クルタゴザ)

バリ島西部クルンクン地区スマラプラの宮殿跡。クタ地区からは約1時間半の距離にあります。敷地内には旧裁判所跡のクルタゴザがあります。クルタゴザは天井一面に道徳的な教えを題材にした見事な絵画が描かれています。また博物館もあり、バリ島やスマラプラの歴史、習慣、文化などにかかわる展示がされています。

スマラプラは、バリ島西部の中心になる大きな町です。市場もあるので立ち寄ってみても面白いです。また少し足を伸ばして、こうもりの洞窟ゴアラワへ行くのも良いでしょう。

バリ島の観光スポット、クルンクン地区のスマラプラ王宮天井に描かれたラーマヤナを題材にした絵画。
スマラプラ宮殿観光レポート (2006年10月)
         
スマラプラの町へやってきました。町の中心にある大きな塔はププタン記念碑。バリ島がオランダから侵略を受けた際、最後まで戦いを続けたのが、このスマラプラ。その戦いを記念して建てられたもの。
クルンクンのププタン記念碑。
 
ププタン記念碑とスマラプラ宮殿の間の道路で、なにやら人だかりが...
スマラプラの町で見かけた人だかり
公道でおこなわれていたバリ島のバイクレース。

のぞいてみると、公道を通行止めにしてバイクレースが開催されていました。バリ島では、たまにこういったバイクレースをやるそうです。

スマラプラ宮殿入り口のチケットカウンター
スマラプラ宮殿のチケット売り場。入場料は1人5000ルピア。
水に浮かぶように建てられたスマラプラ宮殿跡。
蓮の浮かぶ池の中に建てられたスマラプラ宮殿跡
周りの池には、蓮の花がきれいに咲いていました。魚もたくさん飼われていました。のどかな感じです。
スマラプラ宮殿跡で見かけた蓮の花
スマラプラ宮殿とそれを守るように立つ石像群
スマラプラ宮殿跡の通路に沿って、両側に石像が並んでいます。
スマラプラ宮殿の石像

宮殿を守っている石像は、やはり凛々しい顔をしていますね。

天井一面に描かれた絵画。じっと見ていると首がこります。じっくり見る場合は、座り込んで見ればOK。
天井に描かれた古い絵画とガイドに連れられた観光客
ラーマヤナなど宗教的な物語を題材に描かれているそうです。
宮殿の天井に描かれたラーマヤナ物語を題材にした絵画
羽を持つ獅子を模った古い木彫り
いかにもアンティークな木彫り。隣に裁判所跡の建物があるのですが、残念ながらバイクレースの観客が山のように登っていて、写真を撮れませんでした。裁判所跡にも同じように、天井一面に道徳的な話を題材にした絵が描かれています。
スマラプラ宮殿の敷地内にある博物館
奥には博物館があります。敷地内にあるので、入館料はすでに含まれています。
博物館の前にバンブーガムランがおいてありました。バリ人っぽい子供たちが、意外と上手に弾いて遊んでいました。
竹製のガムランで遊ぶバリの子供たち
クルンクン地区は海の沿岸で塩作りも盛んです。今でも浜辺に塩田があり、100%天然、手作りの塩が生産されています。これは伝統的な塩作りの道具だそうです。
博物館で見た天然塩を作るための道具
バリ島の歴史とスマラプラの歴史がわかる博物館
写真や絵画で、バリ島とスマラプラの歴史についての展示がありました。大きな絵はオランダ軍と戦うスマラプラ王国の戦士達の絵でした。オランダの後に、日本もインドネシアを侵略しています。海外に行くときは少し歴史を知っておくのも重要ですね。
 
ライン
無断転載・転用を禁止いたします。
(C) 2006 バリ島.com All Rights Reserved