バリ島.Com > バリ島のレストラン > イブオカ

イブオカの看板店先に置かれたバビグリンバビグリンをさばく。イブオカの店内
バリ島で一番人気のバビグリン屋さん、ウブド地区のイブオカ

IBU OKA (イブ・オカ)

バリ島のお祭りには欠かせないバリ料理の王様、バビグリン。ブタの丸焼きです。
お祭りの際には近所の人が総出でブタをさばき、ブタの口からおしりまで竹を串刺しにし、焚き火の上でグルグルと回しながら丸焼きに。ブタの肉はもちろん、皮、内臓、血まで全てを様々な調理法で余すところなく食べるこの料理ですが、街のバビグリン屋さんでも手軽に食べることができます。

中でもウブド地区の中心、プリサレン王宮のそばにあるイブオカはバリ島No.1の人気店。一日になんと5−6頭のブタを売り切るというとんでもないお店です。お昼時にはいつも満員で、少し遅めに行くとすでに売り切れていることも。 バリ島地元のお店ですので、清潔とはいえませんが、人気があるだけあって確かに美味しい。地元の店でも大丈夫な人は、ウブドに出かけた際にはぜひ食べてみてください。14:00−15:00頃には売り切れる日がほとんどですので、 気をつけてください。

IBU OKA(イブ・オカ) 2007年11月
ウブド地区の中心部、プリサレン王宮のすぐそばにあります。
誰もが知っている有名なお店ですが、ローカルなお店ですので、それほど清潔ではありませんので、承知の上で行って下さい。
ibuokaの看板 お昼時には、このようにいっぱいに。いつも満員ですが、いっぱいのときでも少し待てば、食べることができます。
持ち帰りで10個、20個と買っていく人も多い。
混雑するランチタイム
ブタの丸焼き ブタの丸焼き。
丸焼きになったブタがそのまま置かれています。このブタがさばかれて、どんどんお客さんに出されていきます。
かなり大きなブタですが、これが1日5−6頭なくなるというから、驚きです。普通のバビグリン屋さんは、せいぜい1−2頭しか売れません。
バビ・グリンをさばくおばさん 店先では、店のおばさんがブタをさばいていくのを見ることもできます。おばさんたちはすごく狭いスペースに7−8人働いていますが、お昼時はみんな大忙しです。
奥は座敷のようになっていて、長いテーブルが置いてあり、お客さんがずらっと並んでいます。空いているところを見つけて座りましょう。 イブオカの店内 バビグリン・スペシャル。
これがめっちゃ美味しい。
ジューシーなお肉、パりっと焼けた皮、揚げたレバー、揚げた皮、腸詰、ラワールなど、ブタの様々な部位が入っています。
パリッとした皮が、特に美味しい。
25000ルピア(約330円)
バリ島の伝統料理、バビグリン
サンバル 緑の小さな唐辛子を使ったサンバル。ものすごく辛いので、気をつけましょう。 イブオカで食事する人々 いつ来ても、混んでいるだけあって、バビグリンではかなり美味しいお店です。ウブド地区のど真ん中にも位置し、ランチを取るのに場所も丁度良い位置になります。ウブドに遊びに来る際には、ぜひ。

イブ・オカ/インフォメーション
住所 Jl.Suweta Ubud
電話番号 -
営業時間 11:00頃から売り切れまで