バリ島.Com > バリ島のレストラン > ロマンカフェ

バリ島ジンバランのイカンバカールジンバランカフェの1軒、ロマンカフェ。バリ島ジンバランでオーダーしたシーフード。スナッパーのグリル
バリ島のレストラン、ジンバラン地区のイカンバカール、ロマンカフェ。

ROMAN CAFE (ロマンカフェ)

バリ島ジンバラン地区のイカンバカール、ロマンカフェ。ジンバランビーチに数多くあるシーフードバーベキューのお店の中でも人気があり、インドネシア人を中心にお客さんで混雑している日が多いお店です。仕入れられている食材は日によって異なりますので、しっかり交渉してオーダーしましょう。

ジンバランのイカンバカールには夕方、太陽が落ちる前に行くのがベスト。海に沈んでいく夕陽を見ながら食事を楽しむことができます。ビーチに設置された座席ではろうそくの明かりだけなので、雰囲気は良いのですが何を食べているのかわからなくなります。早めに食事を終えてから、夜のビーチでのんびり過ごしてください。

ROMAN CAFE (ロマンカフェ) 2006年10月
バリ島ジンバラン地区のビーチ沿いにあるシーフードバーベキュー。イカンバカールの名で知られるようになったエリアで、ビーチ沿いにずらっとお店が並んでいます。 ジンバランビーチ沿いのシーフードレストラン地帯、ジンバランカフェ。 かなり多くの店がある中でおすすめがこのロマンカフェ。ジンバラン地区の市場横を曲がり、海岸に突き当たったところから左へ3件目の店です。サンバルがおいしいので、インドネシア人のお客さんで混みあっています。 バリ島のロマンカフェの看板
ジンバラン地区のシーフードレストランで選んだタイ。 ジンバランのイカンバカールは、店の前に並んだ食材の中から好きなものを選んで調理してもらうシステム。 ロマンカフェの食材、カスミアジ 重さによって料金が変わるので、量ってもらいます。魚はタイ、ハタ、アジ、バラクーダなど種類も豊富です。調理法は基本的に特製ソースをつけての焼き。タイ系の魚が調理法に合っていておいしいです。
ロブスターもあります。重さを量る量りから落ちるほど跳ねて、活きが良かったです。 生きているロブスター エビ。
量り売りのときは必ずしっかりと値段の確認と交渉をしましょう。ロマンカフェはふっかけてこないので、料金は下がりにくいですが、エビなどは少しおまけしてくれることが多いです。
ロマンカフェでエビの重さを量っている様子
バリ島ジンバラン地区のロマンカフェで注文したシーフード。 3人で、ロブスター1匹(800g)、タイ1匹(900g)、バラクーダ1匹(900g)、貝500g、エビ500gオーダーしました。 ヤシの実の殻で焼かれているシーフード。 魚やロブスターは2つに開かれて、特製のソースをつけて豪快に焼かれます。燃料はヤシの実の殻。南の島のバリ島らしい料理法です。
座席はビーチに直接、イスとテーブルを置いたかたちです。天気の良い日の夕方に来ると、ジンバランの海に沈む夕陽を見ながら食べることもできます。 ジンバランビーチの座席。 焼きあがりました。おいしそう。ビーチのテーブル席は暗いので、何を食べているのかわからなくなるときもあります。 焼きあがったシーフード。
2つに割られて、焼きあがったロブスター。 ロブスター。
800gで28万ルピア(約3500円)でした。 新鮮なロブスターはぷりぷりで、やはり最高です。
タイのバーべキュー タイは900gで54000ルピア。タイ系の魚がおすすめ。ジンバラン地区には魚市場があるので、どの食材も新鮮。
貝はハマグリっぽい感じです。500gで4万ルピア。
ちょっと泥臭いときもあります。あまりおすすめじゃありません。
バリ島ジンバラン地区、ロマンカフェで出された焼きあがった貝。 エビは殻付のまま、ほぼ丸焼きの状態で出てきます。好きな人は殻まで食べることもできます。500gで65000ルピア。 ほぼ丸焼きのエビ達
シーフードにぴったりのサンバル。 サンバル・マタ。
ロマンカフェに来るとき、個人的にはシーフードよりも、このサンバル・マタを食べに来ているようなものです。そのくらいおいしい。シーフードと一緒に食べると、いくらでも食が進みます。
唐辛子を加えたインドネシアの醤油 ケチャップ・アシンというインドネシアの醤油に、刻んだ唐辛子を加えたもの。これも魚に良く合います。スプーンの背などで、唐辛子をつぶすと更に辛味が増して、おいしくなります。
ガーリックソース。
ロマンカフェでは、この3種類の調味料が出されます。お好みで好きなものをつけて食べてください。
ロマンカフェのガーリックソース アチャール。
インドネシア風の漬物。緑のものは強烈に辛い唐辛子なので、不用意に食べるとえらいことになります。特にビーチの席は暗いので、間違えて食べないように注意しましょう。
>インドネシアの漬物アチャール。
空芯菜の炒め物 バリ島では一般的なカンクン(空芯菜)炒め。シーフードを頼むと、カンクン炒め、ライス、蒸しジャガイモ、フルーツがついています。フォークとスプーンが出てきますが、イカンバカールでは、バリ流に手で食べましょう。おいしさ倍増です。 ロマンカフェのデザート。 デザートはフルーツ。
3人で行って、ロブスター1匹、タイ1匹、バラクーダ1匹、エビ500g、貝500gで約50万ルピア(約6500円)でした。

料理の値段やメニューは、その当時のものです。メニューや値段は変更されている可能性があります。
また日本円への換算も、当時のレートを基準にしています。2006年 ¥1=約70−80ルピア


ロマンカフェ/インフォメーション
住所 Jl. Pemelisan Agung Jimbaran Beach
電話番号 0361-703124
営業時間 10:00-23:00