パダンパダンビーチ

パダンパダンビーチはウルワツ地区にある、白砂の美しいビーチです。以前は、サーファーか、知る人ぞ知るシークレットビーチでしたが、かなり有名になり、周辺も発展してきて、利用しやすくなりました。駐車場からビーチに向かう途中に岩の間を抜けていく階段があり、いまでも穴場感は味わえます。

波は高い日が多く、遊泳には向きませんが、美しいビーチで人も少なめですので、のんびりするには適したビーチです。

パダンパダンビーチ観光レポート 

パダンパダンビーチはウルワツ寺院へ向かう、海岸沿いの道の途中にあります。ちょうど真上に橋があり、そこからの景色がこんな感じです。

ビーチ周辺はお店も増え、ひらけてきています。ビーチの向かい側には駐車場もありますので、車を停めて、ビーチへは徒歩で向かいます。

ビーチの入り口はバリらしく割れ門です。

割れ門を入るとチケット売り場がありますので、ビーチへの入場料を払います。

ビーチへと続く階段を下りていくと、

こんな感じで、岩の間をすり抜けていくような場所が出てきます。一人通るのがやっとの幅。ちょっとドキドキ感があります。

階段を抜けるとビーチへ到着。パダンパダンビーチもかなり有名になり、観光地化されていますが、クタビーチなどと比べると人は少なめです。

日によりますが、波は比較的高め。お子様でも波打ち際でバシャバシャと遊ぶことは出来ますが、遊泳は難しい日が多いです。

白い砂が美しく、岩場も多いので写真映えします。写真を撮るにはかなりいいスポットです。

レンタルパラソルや、ちょっとしたお店はあるので、結構便利です。1日、半日、のんびり過ごすには良い場所だと思います。

※ 情報は取材時点のものです。情報更新に努めておりますが、サービス内容や料金、移転・閉店等も含め、情報が古い場合がございます。あらかじめご了承ください。