バリ島.Com > バリ島のレストラン > WAPO KKN

サヌールのWAPO KKNの店内WAPO KKNの魚で選ぶ。出来上がったシーフードバーベキュー。ワポ・カーカーエヌの焼きエビ。
バリ島のレストラン、リーズナブルなイカンバカール、WAPO KKN。

WAPO KKN (ワポ・カーカーエヌ)

バリ島サヌール地区のイカンバカール(シーフードバーベキュー)のお店、WAPO KKN。空港から約30分のバイパス通り沿いにあります。イカン・バカールとはインドネシア語で焼き魚の意味。ジンバラン地区のビーチ沿いにあるシーフードバーベキューの屋台がイカン・バカールの名で有名になりましたが、サヌール地区のリーズナブルなイカン・バカールがこのお店。昼間は車の修理工場をやっていますが、夜になると修理工場からシーフードバーベキューの食堂に変わります。ローカル向けの食堂なので、値段は安め。毎晩インドネシア人を中心にローカル客でにぎわっています。

バリ島でシーフードバーベキューを食べるときに欠かせないのが、サンバル・マタ。赤たまねぎを使ったシーフード向けのサンバルです。このサンバルをつけて食べると最高ですが、かなり辛いのでほどほどに。

WAPO KKN (ワポ・カーカーエヌ) 2006年10月
WAPO KKN。サヌール地区で安くておいしいシーフードを食べることができるローカル向けの食堂、ワルンです。KKNはインドネシア語でカーカーエヌと発音します。ケイケイエヌでは通じないので注意。 WAPO KKNの垂れ幕。 昼間は車の修理工場ですが、そのスペースを使って、夜はイカン・バカールのワルンになります。 車の修理工場で営業するワポ・カーカーエヌ
テーブルの横にある修理器具 ですので、テーブルの横には、車の修理に使う器具が設置されていたりします^^; ワポ・カーカーエヌで魚を選ぶ 魚や海老などシーフードはクーラーボックスに入っていますので、好きなものを選んで調理してもらいます。
シーフードはすべて重さで料金が決まります。魚は1kgで7万ルピア。これは中くらいのタイで約700gだったので、5万ルピア(約700円)です。安い! バリ島のWAPO KKNで量り売られるタイ。 エビも結構おいしいのでオーダーしましょう。エビは100g17500ルピア。 生のエビを量るワポ・カーカーエヌのスタッフ
量られたエビ 500gでこのくらいです。87500ルピアで日本円で1200円ほど。エビは魚と比べると少し高めです。 約3人前のシーフード。 白い三角のものはイカ。少しオーダーしました。男2人、女1人の3人で行って、このくらいで十分でした。イカは300gで52500ルピア。日本円で約700円。
ローカル客の多い店ですが、クチコミで日本人客が増えてきたので、最近メニューに日本語も書かれるようになりました。言葉も心配なしです ワポ・カーカーエヌの日本語メニュー シーフードは調理法が焼く、揚げる、ガーリックソース炒めな数種類から選べますが、カニ以外は焼きが一番おすすめです。今回はすべて焼いてもらいました。 バリ島のワルンで出来上がった焼き鯛
サヌール地区のイカンバカール、ワポ・カーカーエヌの焼き海老 焼きエビ。
ソースをつけて焼かれていますので、ライムを搾ってそのまま食べることができますが、サンバルをつけると更に美味。
ワポ・カーカーエヌの焼きイカ 焼きイカ。
ビールのつまみにぴったりです。サンバルをつけてご飯と一緒に食べてもいけます。
サンバル。
左半分がサンバル・マタ。右半分が通常のサンバルです。シーフードを食べるときは、サンバル・マタがおすすめ。なくなったらいくらでも追加でもらえます。あまり食べ過ぎると、次の日トイレで大変なことに...
2種類の辛いインドネシアの調味料サンバル 3人で、空芯菜炒めやタフ・ゴレン(インドネシア風揚げ豆腐)などいくつかのサイドメニューとライス、ビール3本で25万ルピア弱(約3000円)でした。1人約1000円なので、リーズナブルなお店です。 ワポ・カーカーエヌでオーダーした料理。

料理の値段やメニューは、その当時のものです。メニューや値段は変更されている可能性があります。
また日本円への換算も、当時のレートを基準にしています。2006年 ¥1=約70−80ルピア


WAPO KKN/インフォメーション
住所 Jl By Pass Ngurah Rai Sanur
(サヌールのマクドナルドから、クタ方面へ約200m)
電話番号 -
営業時間 夕方から(18:00過ぎ頃)