バリ島総合情報サイト バリ島.Com

バリ島.comはエステ&スパ、アクティビティのインターネット割引予約が可能なバリ島総合情報サイトです。

バリ島.Comでは、バリ島のエステやスパ、アクティビティ、レストラン、ショッピング、ホテル&ヴィラなどを紹介、またバリ島の文化、通貨、交通手段、観光地情報、体験記などバリ島旅行に役立つ情報を多数掲載していますのでぜひご利用ください。
ライン
バリ島.Com > バリ島.Com体験レポート > サブマリン(潜水艦)のレポート
バリ島ドットコム体験レポート

バリハイクルーズクイックシルバーデイクルーズBIR(ラフティング)サブマリン(潜水艦)

バリサファリマリンスポーツシーウォーカーディシニスパスパッション

クイーンローズスパタマンサリプラナスパウリンスパトヤスパタラソバリ
バリ島のオデッセイサブマリンのロゴ
バリ島アムック湾のサブマリン。
サブマリンの内部
バリ島で潜水中にサブマリン(潜水艦)の窓から見える魚達
サブマリンの中から水中を観察する人たち

オデッセイ・サブマリン(潜水艦)体験レポート 2006年11月

         
オデッセイサブマリンに行ってきました。場所はバリ島の東部、アムック湾です。クタ地区からは約1時間半。
バリ島での潜水艦ツアー、オデッセイサブマリン
 

湾になっているので、海は穏やかで潜水艦でもぐるのに適しているそうです。少し雲がありますが、晴れて良かったです^^。

潜水艦ツアーが催行されるバリ島東部のアムック湾
アムック湾にあるオデッセイ・サブマリンの施設。

オデッセイサブマリンの施設。

スタッフがウェルカムドリンクを配る。
到着すると、スタッフがウェルカムドリンクを持って、出迎えてくれました。

サブマリンの受付兼レストラン。お客さんがそろうまで、ここでしばらく待機。日本人のお客さんは少なく、西欧人のお客さんが多かったです。

オデッセイサブマリンの受付とレストラン。

レストランには紅茶や軽食が置いてあり、待ち時間の間にいただけます。

レストランに準備された軽食
紅茶とクラッカーとパンケーキ
軽食。朝食を食べてこなかったので助かりました。
乗船前の体重測定

この間に全員、体重を量ります。潜水艦の浮力を計算するために、その日のお客さんの総重量を確認するためだそうです。数字はカウンターの奥でしか見れないので、個々の体重はわかりませんからご安心を。

お客さんが揃ったら、乗船までの流れや緊急時の説明が始まります。説明は英語です。

レストランでの注意事項などの説明

日本人には説明を日本語で書いたものが渡されます。緊急時の対処法なども書かれていますので、必ず一通り読みましょう。

オデッセイサブマリンで準備された日本語の説明書き
潜水艦に乗船するときに着用するライフジャケット

ライフジャケットをつけます。ビーチから潜水艦にボート移動する数分間のためだけに着用します。安全対策にはかなり気を使っている印象を持ちました。あとで潜水艦内では外してもOK。

ライフジャケットを着けるお客達

ライフジャケットを着て、裸足になって、靴は靴置き場に置いて行きます。1時間ほどトイレにいけないので、トイレに行くのを忘れずに。

必要のない荷物は鍵のかかるロッカーへ入れておきます。貴重品・カメラなどは持ってきましょう。

荷物を入れておくロッカー。

ビーチから移動用の小型ボートに乗船。楽しみです。

渡しの小型ボートで潜水艦へと渡る
オデッセイサブマリンの潜水艦
ほんの数分ほどで、潜水艦に到着。36人も乗れるそうで、結構大きい潜水艦です。
潜水艦の甲板から内部への移動

甲板からはしごを降りて内部へ。

内部は2列になっていて、思っていたより広かったです。両側に大きな丸窓が並んでいます。

潜水艦の内部

座席の上には、よく見られる魚の一覧がありました。

バリ島でよく見かける魚をまとめたプレート
潜水艦から海中観察
ゆっくりと潜航して行きますが、気圧の変化がないので陸上となんら変わりません。耳抜きも不要で気楽です。子供でも安心でしょう。ゆれもまったく感じませんでした。
現在の深度

潜水艦の操縦席の上にはフィート表示の深度計があり、今どのくらいの深さにいるかがわかります。1フィートは約30cmなので、現在の水深は約30m。

しばらく進んでいくとダイバーが登場。エサをまいて潜水艦の周りに魚を集めてくれます。

潜水艦の窓から見えるダイバー

窓一面、魚だらけになりました。海も明るく、透明度も良く、さんご礁もたくさん観ることができました。大満足。特に子供のお客さんは、大喜びしていました。

オデッセイサブマリンの窓から見える魚たち
潜水艦の窓から見える魚
前半は潜水艦の右側にたくさん魚が見えます。Uターンして戻ってくるので、後半は左側がよいです。
潜水艦のコックピットでの記念撮影
あっと言う間に、約45分の潜水時間が終わり、水面に浮上。順次、甲板に上がりますが、甲板に上がる前に、ちょっと残ってコックピットで操縦士と記念撮影。

ビーチに戻ると食事が用意されています。インドネシアンバーベキューのビュッフェランチです。

オデッセイサブマリンでのランチ

ドレッシングやサンバルが並ぶサラダ。

ビュッフェランチのサラダ
海老などの串焼き
海老、鳥肉、牛肉などの串焼き。バーべキューランチなのですが、潜水している間に、調理が済んでいました。目の前で焼いてくれると、もっとおいしいのですが人数・時間・場所などの関係で、先に焼いているそうです...今後の改善に期待。
オデッセイサブマリンのビュッフェランチ
とうもろこしや焼きソバ、鶏肉など。

こんな感じです。味はまずまずですが、どこのアクティビティや観光ツアーも似た料理が多いので、飽きてしまうかも。サンバルがおいしかったです。

潜水艦ツアー後のランチ

最後に乗船証明書をいただきました。バリ島旅行の良い記念になりそう。予想していたよりもしっかりした潜水艦で、魚もたくさん見れて満足しました。おすすめです。

バリ島アムック湾での潜水艦ツアー参加証明書
オデッセイ・サブマリンの紹介、割引予約ページはこちら
※ 2006年11月時点での内容です。内容は予告なく変更となる場合があります。

オデッセイサブマリン/インフォメーション
 
日本人スタッフ
日本人オフィススタッフあり。現場には日本人スタッフが常駐していません。
お支払い
現金
TC
クレジットカード
(手数料)
ドル・円・ルピア
VISA・MASTER
(手数料3%)
AMEX
(手数料4%)
キャンセルチャージ
前日17時以降は100%
無料送迎エリア

ヌサドゥア、ベノア、ジンバラン、クタ、レギャン、スミニャック、ウブド、チャンディダサ地区。

有料送迎エリア

なし

住所(オフィス) Jl.Raya Kuta No.9X. Denpasar Bali.
電話番号 0361-759777 または 759888
FAX番号

0361-768333

 
ライン
無断転載・転用を禁止いたします。
(C) 2006 バリ島.Com All Rights Reserved