バリ島.Com > バリ島のレストラン > カフェバリ

クロボカン地区のカフェ、カフェバリカフェバリの店内おしゃれな店内ガネーシャの像
バリ島クロボカン地区のおしゃれなおすすめカフェ、カフェバリ

CAFE BALI (カフェ・バリ)

バリ島クロボカン地区のとてもかわいいカフェ、カフェバリ。人気のレストランが集まるラクスマナ通り(オベロイ通り)沿いにあります。店内は白を基調としたフレンチコロニアル調のインテリアで統一されていて、植民地時代の東南アジアにタイムスリップしたような雰囲気。おしゃれでかわいい家具や雑貨が揃えられ、独特の世界を演出しています。

食べ物よりもお店の雰囲気が何よりのおすすめのカフェバリですが、料理はフレンチだけでなく、インドネシアン、日本食、中華などバラエティ豊か。デザートも充実しています。スミニャック・クロボカン地区でショッピングをする際には、お茶を飲むだけでも立ち寄って、雑貨選びの参考にしてください。

CAFE BALI (カフェ・バリ) 2009年06月
人気のレストランが並ぶクロボカン地区ラクスマナ通り沿いにあるカフェバリ。外から見ると、緑に囲まれていて、よくわかりませんので、通り過ぎてしまわないように注意して探してください。トラットリアから、少し海岸の方向へ進んだところにあります。 カフェバリの入り口 カフェの中は、白を基調にしたコロニアル調です。家具もアンティークっぽいものが多く使用されています。
まるで映画の中に出てくるような雰囲気のお店です。
カフェバリの店内
ユニークな照明 とても面白い照明。
卵細工のようなランプシェードを何十も使った大きな照明です。絡み合うツルのようなデザインのランプシェードを通して、柔らかい灯りを灯しています。
おしゃれな棚 カフェバリは本当におしゃれで、この周辺で一番かわいい。かわいい雑貨もインテリアもいっぱいあるので、ショッピングの際に、雑貨選びの参考になると思います。
シーザーサラダ。
自家製の濃厚なホワイトドレッシングが添えられていて、おいしかったです。料理の種類はフレンチ、インドネシアン、日本食、チャイニーズと豊富で、ランチだけでなく、ディナーにも充分。スイーツ系も揃っています。
シーザーサラダ ストロベリージュース。
フレッシュジュース類も充実していました。
18000ルピア(約180円)
ストロベリージュース
ツナのカルパッチョ ツナのカルパッチョ
個人的にはソースが合いませんでした。わさびと醤油が欲しい感じ。
38000ルピア(約380円)
ネットに入ったライム ライムが添えられていましたが、種などが飛ばないように、ネットに包んでありました。細かいところまで、気を配っているようです。
ワンタンスープ。
これはいまいちでしたが、中華系の料理はこの他に、餃子やシュウマイなどがあります。
28000ルピア(約280円)
ワンタンスープ サーモン巻き。
意外 にも、おすしは結構おいしかったです。これはおすすめ。
30000ルピア(約300円)
サーモンロール
カフェバリのガーリックプラウン ガーリックプラウン。
バターの香りがよい、濃厚な味でした。見た目も鮮やか。
69000ルピア(約690円)
ミルクシェイク デザート代わりにミルクシェイクを頂きました。さっぱりとした控え目な甘さでおいしい。25000ルピア(約250円)
お店の正面は、たくさんの緑が植えられ、交通量の多いラクスマナ通りを遮断し、店の奥に向かって、明るく開放的なオープンエアーの造りとなっています。 オープエアーのカフェバリ お店の天井も真っ白に仕上げられ、天井からぶら下がる、いくつもの大型ファンがアジアの雰囲気を醸し出します。オープンエアーのカフェですが、ファンのおかげで過ごしやすい風が。 真っ白な天井
ガネーシャ像 そして店の奥にはガネーシャ像が。ヒンズー教の島、バリ島らしいオブジェです。

雑貨が好きな方には、足を運んでみていただきたい、とてもかわいいカフェです。
   

料理の値段やメニューは、その当時のものです。メニューや値段は変更されている可能性があります。
また日本円への換算も、当時のレートを基準にしています。2009年 ¥1=約95−105ルピア


カフェバリ/インフォメーション
住所 Jl. Laksmana
電話番号 0361-736484
営業時間 07:00-深夜